RSS | ATOM | SEARCH
ムッシュ伊藤のブログ
ワインの師匠・ムッシュー伊藤がFBに5回にも渡る投稿をしてくれました。
朝からビックリの私のワインの師匠・ムッシュ伊藤の投稿。嬉しいやら恥ずかしい?やら…でも素直に嬉しいと受け止めることにします。
本当にありがとうございます。
まさかの5連発。
20年は私とぷのさんの歴史でもあるけど…ムッシュ伊藤との歴史でもあります??
伊藤さんが居なかったら今の私は居ません。初めてフランスの田舎でお会いして私の中の何かを目覚めさせてくれました。人生は本当に出会う人によって変わっていくのだと思います。お金で買えないものをたくさん持っている人、お金で買えないものを惜しみ無く与えてくれる人、私には宝物です。
私も生きている限り、そうありたいと思っています。私が感じたものを私の周りの人にもお届けしたいと。
皆様の一隅を灯すお手伝い
感謝!

1
★感動の再会!ワインという液体が人と人の心を同調させる★
★マルク・ペノとYukiさん-NO1
.
ウルルンYukiさんは逢った瞬間から涙。
.
長さんことユキさん(東京・鶯谷のESPOAよろずや店、長由起子)が居なかったら、今日のマルク・ペノは存在しなかった。
.
10年前に話しは遡る。マルク・ペノのDomaine de la Senechaliereドメーヌ・ド・ラセネッシャリエール醸造は、色んな悪条件が重なって経営不能となっていた。
しかも、生涯最高なワインが完成した2007年の出来事だった。
.
その話しを聞いたYUKIユキさんは、毎日の如くにフランスの私に連絡をとってきた。
『何としてもマルク・ペノを救って欲しい!!』
.
最初は私自身も無理だろうと思っていて、動かなかった。
でも余りにもの情熱を込めての願いに、私も動き出した。
.
しかし、弁護士や周りの人に聞いても、時間的にも、金銭的にも、フランスの公的機関の処理の遅さで不可能だった。
それでも、執拗にユキさんから毎日の如くに連絡が入った、『何としてもマルク・ペノを救って欲しい!!』

私も決意した。やるだけのことはやってみよう!
.
一番のネックであった資金面での交渉は野村ユニソン社の野村社長が承諾してくれた。
管財人、裁判所、農地管理局、すべてが奇跡としか云いようのないスピードで、すべてが完了してしまった。
.
まさに奇跡!!としかいいようがない事実だった。
.
ユキさんのお客さんで、毎日マルク・ペノのワインを一本買いにくるお客さんがいたり、また、ワインを一滴も飲めなかった人がマルクのワインで飲めるようになった人が沢山いた。
.
こんなにやさしくて、口にいれた瞬間に体中に沁み渡っていくようなワインは他になかった。
こんなワインが飲めなくなるなんて、信じられない。
.
多くの人にここまでエモーションナルに心に響いてくる液体は、なんなのだろう?
マルク・ペノのワインには特別な何かがある!
そうとしか、思えない事実が枚挙にいとはない。

つづく

2
★江戸っ子Yukiさん50歳誕生日にマルク・ペノを神田・天狗に迎えての大祭り!!★
.
★マルク・ペノとYukiさん-NO2
ワインは人と人を繋げていく。”喜び”の輪がドンドン広がっていく。
Yukiさんのモットーは『皆様の一隅を灯すお手伝い!』
.
毎週、輪飲学園というワインスクールをやっている。
最近、少なくなったチャキチャキの江戸っ子Yukiさんのところに、遠くからも人が集まってくる。
.
今夜は、そんなYukiさん誕生日とマルクとの再会が重ねって極地の神田祭り!
.
今日はすべて一枚一枚愛情こめて手造りの日本とフランスの国旗を店中に飾って、マルクが店に入る瞬間に両国旗を振って出迎え。
.
何と10年ぶりの再会日が、Yukiさんの50歳の誕生日に偶然に重なるとは、やっぱり今日も奇跡的だ。
.
Yukiさんは、もう約20年前から輪飲学園・ワインスクールをやっている。そのお客さんとフランス・醸造元巡りのツアーを時々やっている。だからこの中には既にマルクの蔵まで行った人が何人も居る。ここにはマルクのワインの熱烈なファンが多い。
.
ここに集まった皆は、仕事も関係なく、家族でもない。それぞれの人生を送っている中で、色んな問題や課題を抱えて暮らしている。
共通点は美味しいワインとYukiさんが好きなこと。
忙しい日常の中、やりくりして今夜は一同に集まって、マルクのワインを中心に、共に楽しむ。
.
エネルギー飲料のワインを飲みながら明日への元気を出す。
最高ですね!!
これが、Yukiさんが云う『皆様の一隅を灯すお手伝い!』

3
マルク・ペノさんとYukiさん、この10年間のお互いの感謝!!
.★マルク・ペノとYukiさん-NO3
.
この10年間、マルクにとっても決して楽ではなかった。
最近の天候不順は異常。その中で、できうるすべてを尽くしてトビッキリ美味しいワインを造り続けた。
今では、北欧、ニューヨークなど世界中から注目されるようになった。
.
お互いに祝いのプレゼント.

マルクから50歳のお祝いに花束。
江戸っ子Yukiさんも感動。
.
Yukiさんからマルク・ペノへ、あの銘酒、菊姫の特別キューヴェ.
.
造る人、売る人、飲む人が一体となって心を繋げる素晴らしい会でした。
.
ワインでここまでのことができるなんて。
また、世にポジティフな気を起こすことができた。
凄い出逢い、再会に感謝。

4
.★和食メニューにバッチリのMarc Penotマルク・ペノのワイン★
★マルク・ペノとYukiさん-NO4
.
Merc PenotマルクのSenechaliereセネシャリエール醸造は大西洋に近く、太古の昔は海だった土壌。
マルク・ペノさんのワインはイオデと云われる海の風味が特徴となっている。
刺身な魚介類が主体の和食には、恐ろしいほどピタリと合う。
.
アジのフライを食べるのに、箸をフォークとナイフのように使って食べる発想のマルクが面白い。(写真あり)
.
鳥のから揚げ、最後に焼きうどん、完璧に料理に寄り添うように合ってしまう。
.
勿論、繊細な出汁を使った本格和食には、これ以上ピッタリはないのでは、と思うほど料理に寄り添う。

北ヨーロッパにある世界の超一流のシェフ達がマルク・ペノさんのワインに気づき使い始めた。
.
地球を汚すような農薬も化学物質を一切使わず、リスクを負いながら可能なかぎりを尽くしている栽培・醸造を実行しているマルクさん。

そして、それを支え続けている野村ユニソン社の野村社長には多大の感謝をしたい。
そんなマルク・ぺノさん再生の起点になってくれた長Yukikoさんにも深く感謝したい。

Yukikoさん、いい仕事してますね。
これからも応援していますよ!頑張ってください。
.
読者の皆さん、一度、東京・鶯谷の萬屋酒店へ寄ってみてください。
美味しく楽しい発見がありますよ!飲み会中心の輪飲学園では、面白く楽しい人達との出逢いもありますよ!

5
★Marc Penotの幻のワインAbouriou アブリュー02年を開けた!★
★マルク・ペノとYukiさん-NO5
.
祭りの二次会は、鶯谷・磯次郎で。
何と幻のワインAbouriou アブリュー02を開けた。
これは、スタッフYoshikoさんが個人の大切なストックから持ち出して来てくれた。
.
感慨深くボトルを見つめるMarc。
白ワインの名人マルクにも唯一のに弱点がある。
このアブリューはここ10年間、ずっと失敗して出荷されていない。
.

Abouriou アブリュー02
フランスでもアブリュ品種は、栽培面積が少なくなってきて、もう絶滅寸前の品種。
.
葡萄の皮が薄くて栽培、醸造が難しい。マルクはこの品種をグラップ・アンティエール除梗なしのセミ・マセラッション・カルボヌック醸造で醸す。
.
マルクが尊敬しているマルセル・ラピエールの直伝の造り。
マルセルは一度、ボジョレから遠いムスカデのマルクの蔵まで来てくれたことがある。
.
軽めのボジョレのようなワインのスタイル。本来は熟成に耐えられない酒質。
でも02は酸が強かった年。その酸のお蔭で16年も熟成しているのに、何とか持ちこたえていた。
.
マルクにとって、激動の16年間、いろんなことが頭を過ぎって感激のマルクだった。
.
それにしても今宵は忘れられないソワレとなりました。
マルクにとっても、私にとってもエモーションが心に響くソワレでした。
.
ありがとう、Yukiさん! Merci Marc! すべての人に感謝 !
こんな仕事をしていて良かったな、と思うひと時でした。



author:鶯谷萬屋, category:直輸入ワイン, 11:39
comments(0), trackbacks(0), pookmark
アルキエ大特集

昨夜の講座は南仏太陽の神、ラングドック・ルーション!ワインフォジエールのジャン・ミッシェル・アルキエ大特集。20年前まだ三ツ星にラングドックのワインが1-2本しかなかった頃からオンリストされていた造り手。
今宵はワイン04バスティードワイン09メゾンジョンヌはじめ、皆さんうっとりの会となりました。
造り手の真心ハートと情熱力があって人の心に響くワインワインが生まれます。それを伝えられることに今日も感謝!(^人^)

author:鶯谷萬屋, category:直輸入ワイン, 18:24
comments(0), trackbacks(0), pookmark
一ツ木町倶楽部

昨晩は直輸入ワインを使って頂いている赤坂の一ツ木町倶楽部さんで6人でヴァラデゾールで乾杯ワイン13日の会を開催しました!
このお店ライヴもできるので何かしたいなーと思っています!



author:鶯谷萬屋, category:直輸入ワイン, 18:36
comments(0), trackbacks(0), pookmark
シモニッティ・ピノドニス
今晩のブラックティステイングの会?
左から二番目の?シモニッティのオレンジラベル・ピノドニス超美味しかったー。
シモニッティのパスカルワールド全開??
5月の訪仏で会えるのが楽しみ!
少しでもパスカルの体の傷み、楽になっていますように。
今まで少し閉じていたので地下に放置プレーでしたが…今朝から販売モードに入りました??
呑みたいけど明日、スッキリ起きたいあなた??
体にすぅっーって入っちゃう感覚知りたいあなた??
由起子が嘘つきか試したいあなた??
これだからやめられない??
パスカルの真心と情熱が生み出す葡萄の神秘の世界を是非、ご体感くださいませ。





author:鶯谷萬屋, category:直輸入ワイン, 23:25
comments(0), trackbacks(0), pookmark
ドメーヌリショーム来日
今宵はフランス・プロヴァンス・セザンヌも愛したサンヴィクトワール山の麓からドメーヌリショームのシルヴァンに来ていただいて27名の皆様にご参加頂き、小宴を開催しました。
私が彼にフランスで初めて会ってから15年が過ぎようとしています。
2012年にはお客様16名とワイナリー訪問もさせていただきました。彼は初来日になります。
普通に呑むには高額ワインな為、極力会費を押さえるために神田の萬屋天狗を無料で借りました。お料理は当初永田シェフの予定だったのですが前日まで体調を崩し急遽、美子さんが大奮闘となりました!
本来なら素敵なレストランで楽しみたいリショームワインですがそんなことしたら会費が20000円以上いってしまいます。
9種類のワインを彼の説明や現地の写真と照らし合わせながら美子さんの愛情溢れる手料理で楽しみましたよ。
結果、アットホームで佳かった!
参加の皆さん全員が仲間という感覚。
朝から美子さんと私は部活をしているような感覚でした(笑)
私のワインの師匠ムッシュ伊藤も駆けつけてくださいました。
お金で買えない宝物が皆さんの心に届いていたら佳いなと思っています!

お着物で来てくださった方、パンを焼いて来てくださった方プレゼントや写真をもって来てくださった方、何よりご参加頂いた皆様、素敵な時間を作って頂いてありがとうございました。

鰹の叩きにオリーブオイル、味噌田楽、マグロのかま焼き、さつまいもの甘焼き等レストランでは到底出てこないよろず屋ならではのオリジナル度満載でシルヴァンの記憶にも深く刻まれたと思います??
初秋のフランスの田舎ツアー開催計画立てます??





















author:鶯谷萬屋, category:直輸入ワイン, 23:55
comments(0), trackbacks(0), pookmark
プテイットベニーズ
昨晩の講座は二日続けてのルーションのプテイットベニーズ。
南にありながら車の入れない険しい山の上の強風にさらされた畑から出来るワインは旨味と優しさを感じます。出汁のような味わいやミネラルを感じます。
体に吸い込まれていく感覚。

今年は久々にフランスの田舎お客様ツアーを開催予定なので、予習も兼ねています(笑)
この空に近い畑をお客様に体感してもらいたいなと思っています??





author:鶯谷萬屋, category:直輸入ワイン, 23:42
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スーザ・ブランドノワール
今宵の新年初バースデー会は該当者お二人でした!

乾杯のシャンパーニュも初めてのブランドノワールです



ピノ・ノワール100%の白シャンパーニュ。珍しいです。
ブランドブラン(レゼルブ)よりもシャープな印象を受けます。すっきり呑みたい方にはこちらがお勧めです!
日本初入荷です!
author:鶯谷萬屋, category:直輸入ワイン, 23:51
comments(0), trackbacks(0), pookmark
ジャン・ミッシェル・アルキエ

今宵のクラスは南仏ラングドックの王
ジャン・ミッシェル・アルキエの勉強をしました。



ワインアルキエブランは南仏らしく膨らみを感じました
ワインアルキエトラデイションはもう納得の美味しさで
ワイン臨時のラヴァンプルミエールは甘味も感じてバランスがとても佳かったです
ワイン09メゾンジョンヌ(黄色のお家)は今、呑んでも美味しいし、これからもまだいけそうな酸がありました。

ワイン11バステイードは皆さん納得の美味しさでした

たまにはこんな至極のひとときも佳いですね

author:鶯谷萬屋, category:直輸入ワイン, 23:52
comments(0), trackbacks(0), pookmark
ヴィエイユジュリアンヌの会
昨夜は今年最後の13日の会でした。
いやージュリアンヌの底力感じました。
03のパプレゼルブも開けましたがもう素晴らし過ぎました。
こんなワインに出会える幸せ 出逢いに感謝。





author:鶯谷萬屋, category:直輸入ワイン, 17:28
comments(0), trackbacks(0), pookmark
ラボーダ
今宵はブラックの会のあと、
KAZU邸にお邪魔して小宴。
とっても美味しく素敵な時間を過ごせました。
脇役のはずのワインなのですが、
主役でもなく一緒に過ごしている感じ。
本当に素敵な時間を素敵な皆さんと過ごせました。
感謝!


author:鶯谷萬屋, category:直輸入ワイン, 23:55
comments(0), trackbacks(0), pookmark