RSS | ATOM | SEARCH

今日はご縁あっておつきあいさせていただいている女優の音無美紀子さんの旦那様、村井國夫さんの舞台を両国を観劇してきました。
村井さんはダンディなイメージ(通常も葉巻を吸われています)があったのですがこの舞台ではやはり役者さんだなーっと魅せて頂きました。
小さな小屋でのお芝居は観客席と近く、役者さんも5人だけでした。一時間半の休みなしの舞台です。
福岡のダム建設反対運動を13年も続けた室原知幸さんを主役にしたダム建設構想から建設までを描いたお話です。
普通に静かな時をご夫婦で過ごされていたところに湧いてきた村が景色が水の底に沈むという信じられない話から財産、博識があったことで村人から代表に祭り上げられ、私財を投じ、途中からは村人は居なくなりオルグ(外部の人たち)の人たちが入ってきて違うところでの反対運動に変わられたり、でも最後は一人で戦い、役所の方たちも応援してくれていたり、奥様の最初から最後までの心模様もヒョウゲンされていて…なんか今、現在の現実の抗議運動を思い起こさせる要素もあったりで一時間半どっぷりと浸かってしまいました。
演出の東さんという方に非常に興味を持ちました。5人の俳優さんのそれぞれが生かされていて素晴らしかったです。

最後は美紀子さんと村井とパチリしていただきました




 

author:鶯谷萬屋, category:普通の日常, 21:37
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://ugu-yoro.jugem.jp/trackback/2506