RSS | ATOM | SEARCH
ラストはプノさん!
ラスト11蔵目はオリジナリティ抜群のミュスカデの造り手プノさん。人はベノさんと呼ぶけど私はプノさん!
私の酒屋人生をワインで変えた人。もちろん師匠ムッシュ伊藤がいなければ出会うこともなかった。
ミュスカデというワインがどんなかなんて関係ない。
私はプノさんのワインが大好き、人も大好き!
28年前にプノさんの瞳の輝きに驚きました。
大人なのに子供みたいな顔してるって!
ワクワクしてるようないたずらっ子のような…でも…信念持ってるよっていう感じ。
私には衝撃的でした。
今でもプノさんの笑顔は太陽みたいで…何て言うんだろうか?いっぱいいろんなこと体感しているのに…葡萄と一緒にいられることが何よりも幸せって感じ。とてつもないワイン作るよって言う感じ。
すごく愛おしい!旦那さんにしたら大変だと思うけど人間的に大好き!
ワインにも人柄が超でている。
プノさんのワインに彼の代わりはいない。

2003年だっただろうか一度プノさんの蔵が倒産しかけた。その時自然と嫌だ!と思った。
フランスにいる師匠に何度も電話したのを覚えています。
プノさんのかわりは他にはいない。
奇跡って起こるもので…今プノさんの蔵は存続している。
20161-17は生産量が雹によって激減している。開花がハジマッタ畑をみて、祈ってきたよ。今年は旨く収穫できますように

最後にして生きている新鮮な生牡蠣をごちそうになった。そしてプノさんのお友だちが作ってくれた山のお肉と海のものがゆうわしたパスタ。
最高過ぎてなにもいうことなし。

最後プノさんとハグして涙が、溢れてきた。
なんかなんなんだろう?
年齢とか異性とかそんな次元じゃなくて、兎に角、大好き!
プノさんのワインにはプノさんが詰まっている。 前を向いて行こう!
出きることをただ真っ直ぐに!

出逢えて佳かった!
感謝!

















author:鶯谷萬屋, category:フランス買付の旅, 06:32
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://ugu-yoro.jugem.jp/trackback/2539