RSS | ATOM | SEARCH
パリ二日目
パリ二日目、伊藤さんの事務所でいろいろと話を聞いてもらい



会えないと思っていた人に会えた。しかもいろんな話が出来た。
熱くなって泣いた。
とても勉強になる出会いだった。
でも間違っていることは受け入れられない。自分の信念は曲げられない。

以下私が当日の感情をそのままFBにあげたものです。

パリ二日目のひとり言
テレビドラマのつくだ製作所の気分です。
日本酒は日本の文化です。
先人が旨い酒を造るにはどうしたら佳いかと試行錯誤してきたものです。
日本でも変わってるって言われるけど…わかってくれる人がいる。フランスにもきっといる。
根本を間違えたらダメなんだよ。
技術あっての日本酒なんだよ。
それが日本酒なんだよ。
米から造れば何でも日本酒だと思ったら大間違いだよ。米農家さんがいて自信持って作ってて酒蔵がその最高の米を酒にするんだよ。それが日本酒だよ。本物は絶対曲がらないんだよ。
ワインも日本酒も造り手を尊重出来ない人は好きじゃない。

そして以下、師匠ムッシュ伊藤が書いてくださったブログ

★あのRepaire de Cartouche ルペール・ド・カルトゥッシュに菊姫が★

近い将来にこんな時代がやって来るだろう。
.
.
世界のグローヴァル化時代での日本酒論を熱く語る宮川さん。
あくまで、菊姫らしさを語る由紀子さん。
.
二人の熱い熱い話が交わされた。
私からみると、どちらも正解。
.
こんな素晴らしい日本酒・菊姫がここParisで飲まれるようになってほしい!
これは二人の共通点。





author:鶯谷萬屋, category:菊姫, 07:24
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://ugu-yoro.jugem.jp/trackback/2636