RSS | ATOM | SEARCH
仲間との直輸入ワイン

今回の訪仏の目的の一つ、仲間と20年以上に渡り続けている直輸入フランスワイン買付ツアーが終了した。

私が自然派ワインにはまり、お客様へお伝えし、商売となる源をくれたこのツアー。

20数年前初めて来たとき、赤ワインが全く分からず(呑めず)酒屋を継ぐということも考えていなく、先輩の酒屋さんの中にわからないように小さく紛れ込んでいた😞💦

一度来ればそれで佳いと思っていた…

ところが…その後、何十回もフランスの田舎に

来ることになった。お客様まで連れて4回も来た。ご縁とは不思議なものです。

買付ツアーといえば豪華なイメージがあるかもしれないけれど…私達の仲間は違う。一人一人が小さいながらも店の店主で胡座をかいてどーんと構えてられるような商いではなく経理も店番も配達も何でもこなす。だから自分がこうしてフランス迄来ているときは家族やスタッフがその留守を守ってくれている。一週間お店を閉めて参加している仲間もいる。お金も時間も体力もギリギリで参加している。それまでして参加するのは参加した人だけが分かる何かがある。志を高く持つ同志だと私は思っている。それぞれが何かを抱えてやって来ている。商売のことはもちろん、家族のこと、体のこと…。しばし日常を離れて大自然のおおらかさや造り手の強さを感じる毎に、隣にいる仲間にふと重い口が開けたり、心が軽くなったりする。勿論、口に出せないこともあるだろう。でも仲間の話をただ聞いているだけでも自分の中の何かが動いたりする。

有難い存在だと思う。

私は此処で出逢えた仲間に本当に何度も何度も助けられてきました。一人ぼっちで自分が潰れそうになった時、答えは分かっているのにたどり着けなかったとき…本当に本当に助けられきました。

私も誰かにとってそんな人間になりたいと…いつも思っています。

このツアーには私のワインの師匠ムッシュ伊藤もずっと付き添ってくれるのですが…いつも大きな心で見守ってくださっているのを感じます。ワインの勉強はもちろん、人として生きるということも自然とムッシュの生き方を見て教えてもらっています。

20年前、小さく紛れ込んでいた私を年に一度くらいしかお会いできないけど一番よくみてくれている方かもしれません。それは私だけでなく仲間一人一人もそう思っているかもしれません。

今、仲間と分かれて一人フランスの自然の中で過ごす時間をもらって書いています。

本当に出逢いに感謝です。

この仲間達と遠回りかもしれないけど…嘘のない本物の商売で佳き現実を生きて生きたいと思います。

とりとめがなくなりましたが…感謝♥️

author:鶯谷萬屋, category:フランス買付の旅, 01:36
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://ugu-yoro.jugem.jp/trackback/2776